クレジットカード現金化サービスの仕組みはどうなっているのか?

今回のテーマは【クレジットカード現金化サービスの仕組みはどうなっているのか?】です。あなたが持っているクレジットカードでショッピング枠が残っていれば、クレジットカード現金化サービス会社が指定する商品をネットショッピングします。その商品を売却することでキャッシング枠を現金にできるのです。

ここで大事なのは、「だれがその商品を購入してくれるか?」です。買い取る業者もその商品が間違いなく売れなければなりません。クレジットカード現金化サービス会社の周辺には買取屋がいるのです。こういったシステムを買取屋システムと呼ばれているようです。

クレジットカード現金化を使ったユーザーが100,000円で購入した品物を60,000円とか70,000円で買い取るのです。買取率はいろいろ。中間マージンが目当てなのです。当然ですが、購入金額は下回ります。

特に契約書や借用書の類いの書面が介在しません。言葉を信用するしかないです。だからこそ悪質なクレジットカード現金化サービス会社もでてくるのです。自分の店舗の商品をクレジットカード現金化ユーザーに購入させて、それを安価に買い戻したり、提携している業者に再販させる方法もあります。その金額を支払うのです。こういった手口は古物商取引法で規制されています。

だから、自分の店舗で販売した商品を買い戻す方法が一般的です。これならば外部のバレることがありません。

注意しなければならないことがあります。
こういった行為がクレジットカード会社に発覚したら、店舗はクレジットカード加盟店の権利を剥奪させるでしょう。クレジットカードが利用できないことになります。ユーザーもクレジットカード利用規約に違反しているのでクレジットカードが没収されます。けれどもクレジットカードの引き落とし日に代金が口座にあれば特に問題は発生しません。

関連記事

    None Found